※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ゾウリムシ培養で使っている3Dデータ公開

私がゾウリムシ培養で使っている3Dプリンタ製小物の一部の
3Dデータを公開します。

 

自由に使ってもらっても良いですが、再配布は不可です。
直接リンクは禁止で、アクセス出来ない様になっています。

 

3Dプリンタをお持ちで無い方は、3Dプリントサービスで印刷してもらってもOKです。

 

500mLペットボトル培養フタ

 

500mLペットボトルでゾウリムシを培養する時の培養フタ

 

最初はアルミホイルを使用していましたが、毎回アルミホイルがもったいないので
3Dプリンタで作りました。

 

昔のタイプは、上の方に空気穴が開いていて高さが高いですが
最近作り直したフタは、ペットボトルのネジ部分を空気穴とするので
高さが、若干低くなっています。

 

ダウンロード・500mLペットボトル培養フタ

 

計量さじ

ゾウリムシ培養に使用する60uLと0.5mL計量サジ(スプーン)

 

メインの培養では50mlのプラボトルに約36mlの水と、粉末にしたエビオス錠を60μLで
ゾウリムシを培養します。

 

60μLの量を重さで量ると、息だけで重さが変わってしまうので、計量さじを作って計量しています。

 

また、メダカ稚魚供給用では、アンモニア軽減の為、きなこで培養していますが
きなこの計量に、0.5mlのさじを作りました。

 

ダウンロード・60μL計量さじ
ダウンロード・0.5ml計量さじ

 

エビオス1錠すりつぶし器(ebクラッシャー)

 

エビオス1錠すりつぶし器

 

乳鉢でエビオス錠をすりつぶすと、乳鉢が大きすぎるので
エビオス錠1錠をすりつぶすのに特化したすりつぶし器を作りました。

 

自宅の3Dプリンタ製だと、使用していると若干削れてくるので
JLCPCBの3Dプリントサービスで印刷してもらいました。

 

写真では金属ですが、ステンレス製です。

 

ダウンロード・ebクラッシャー上
ダウンロード・ebクラッシャー下

 

 

スポンサーリンク